Google Analyticsのイベントトラッキングを使って任意のイベントラベルを自作しよう!リンク、ダウンロード数の確認!

Google Analyticsのイベントトラッキングを使って任意のイベントラベルを自作しよう!リンク、ダウンロード数の確認!

はじめに

 

omame-img
OMame

今回はブログ運営のデータ分析の記事になります!

こんにちは!

この記事を見ている方は、ブログ運営をしている方や、
ホームページなどを運営している方が多いかと思います!

どちらもデータ分析が重要になってきます。

今回は、Google Analyticsを用いて

任意のユーザーアクションをイベントラベルをつけて計測

する方法になります!

どんな事ができるようになるかといいますと

例えば下記のようなボタンを設置します。

このボタンが毎日どのくらいクリックしているのか?などが計測できるようになります。

他にも下記の用にページ内に複数の同じボタンを別々の
位置に設置したとしましょう。

google-analyticsを使ってイベントトラッキングをする!

それぞれにトラッキングIDを付けることで、同じボタンでも
どの位置にいれればクリックを効率的に取れるのか?

ということが分析できるようになります!

この記事を読んで、
Google アナリティクスのイベントトラッキングをマスターしましょう!

 

こんな方向け

・ブログのデータ分析をしたい方
・ホームページなどの分析をしたい方
・Google Analyticsのイベントトラッキングを知りたい方
・Google Analyticsでイベントを計測したい方

Google Analyticsイベントトラッキングの使い方

早速イベントトラッキングの使い方をご紹介いたします!

使い方の流れを簡単にまずは説明いたします!

使い方
  • イベントトラッキングのコード作成
  • HTMLに挿入
  • Google Analyticsで確認
  • 終了

GoogleAnalyticsイベントトラッキングコード作成

まずはコードの作成をしましょう!

①コードのテンプレート

下記のテンプレートを利用しますので、こちらはメモをしておきましょう。

なんだこれは?と思うかもしれませんが、
テンプレートですので、深く理解はしなくても大丈夫です!

②テンプレートの使い方

GoogleAnalyticsのいベントトラッキングのコードの使い方

上記の画像で説明していますが、

send,eventに関してはそのまま使います。

カテゴリー、アクションは必須になり、ユーザーでそれぞれ設定をします。

ラベルと値はなくても大丈夫ですが、利用すると便利な項目になります。

下記表で詳しく説明いたします。

項目 必須・任意 内容 記述項目
send,event 必須 イベント送信 そのまま
カテゴリー 必須 クリックする項目の種類
(イベントカテゴリー)
・pc(PCサイト)
・sp(スマホサイト)
・link(リンクURL)
・pdf
・(movie)
人にもよりますが
linkが一番使う項目になります。
アクション 必須 アクションの種類
(イベントアクション)
・download(ダウンロードアクション)
・click(クリックアクション)
・play(動画などの再生アクション)
・tel(電話アクション)
クリックしたことを計測したい場合はアクションに”clcik”と記述します
ラベル 任意 アクションの名前
(イベントラベル)
任意になります。
例えば楽天のリンクをクリックアクションを計測したい場合は
“楽天のリンク”などわかりやすいラベルにしておくとおすすめです。
任意 アクションの値 任意の数字を入力します。
たとえばこのリンクをクリックしたら1,000円などと決めている場合は、1000と入力します。

例)例を見てより理解を深めましょう!

このボタンがどのくらいクリックされているのかを見るとしましょう。

これはボタンを押すと、Amazonのページに飛ぶので

カテゴリー(クリックする項目)linkになります。

アクション(アクションの種類)はクリックをするのでclickになります。

ラベル(アクションの名前)は任意ですが、データ分析するときに
わかりやすいようにAmazonへ遷移としてみましょう。

値(アクションの値)は今回は特になにもお金は発生しないので、省きます。

上記でコードを作成するとこのようになります。

googleアナリティクスのイベントトラッキングコードのサンプルです!

上記のようになります!簡単ですね!

次はHTMLに挿入する方法を解説いたします!

GoogleAnalyticsのトラッキングコードをHTMLに挿入

先程作ったコードを実際にHTMLに挿入してみましょう。

上記のボタンに作成したトラッキングコードを挿入します。

上記のHTMLタグを見てみると下記のようになっています。
(サンプルでわかりやすいようにシンプルにしております)

google-analytics-event-tracking4

作成したトラッキングコードはこの<a>タグの中に挿入します。

挿入すると下記のようになります。

google-analytics-event-tracking5

そのまま入れるだけですので、非常に簡単ですね!

これでHTMLへの挿入は完了になります!

Google Analyticsで確認

次にGoogle Analyticsで設定したイベントトラッキングの確認をします。

※タイムラグはありますので、テストクリックをしてすぐに確認しても反映されていない場合がありますのでご注意ください

まずはイベントの概要に行きましょう。

google-analyticsでイベントトラッキングを確認する方法

そうすると、イベントのデータが見れるダッシュボードに移動します。

それぞれ、イベントカテゴリー、イベントアクション、イベントラベルを確認することができます。

これらは、先程作成したGoogle Analyticsのトラッキングコードとリンクしております。

下記の画像を見ていただくとわかりやすいかと思います。

googleanalyticsのイベントラベル、イベントカテゴリ、イベントアクションを確認する。

ここからそれぞれのアクションを確認することができます!

トラッキングコードをいくつかメモしておいて挿入すると便利になります。

また、Snippyを使ってショートコードなどでボタンを挿入している方であれば

Snippy側のHTMLに追記するだけで、全てのボタンに反映ができるので非常に便利になります。

Snippyを使われていな方は、詳しくは下記で紹介しております。

効率的に記事を書く!WordPressでタグ&コードをショートコードで呼び出すSnippyの使い方
効率的に記事を書く!WordPressでタグ&コードをショートコードで呼び出すSnippyの使い方
目次 1. はじめに2. 1.Snippy プラグインのインストール方法3. 2.Snippyの使い […]

最後に

いかがでしたでしょうか?

意外と簡単に便利な機能をGoogle Analyticsを用いれば使うことができます!

ただ、ブログ運営などでは最低限のhtml,css,javascriptの知識があると効率的に

記事をかけたりするので初心者の方は下記の記事をご参考にしていただけると!

TechAcademy(テックアカデミー)のプログラミング無料体験の内容・評価、メリットからできることを紹介いたします!
TechAcademy(テックアカデミー)のプログラミング無料体験の内容・評価、メリットからできることを紹介いたします!
目次 1. はじめに 2. TechAcademyとは? 2.1. 運営会社 2.2. TechAc […]


お豆ログを購読!
ブログ更新通知と今日のおまめいげんをお送りいたします
おまめろぐを少しでも応援してくれる方は
フォローしていただけると嬉しいです^^

Twitterフォローはこちらから!

 

 

 

分析関係カテゴリの最新記事