謝りたい時、謝りたいと感じる、罪悪感を消すのに面白い方法を見つけたので紹介します!

謝りたい時、謝りたいと感じる、罪悪感を消すのに面白い方法を見つけたので紹介します!

はじめに

こんにちは!

今回ははじめて人間の心理、感情に関しての記事を書きたいと思います!

お題は

謝りたい時

 罪悪感を消したい時

本人は言えないが、誰かに言いたい時

こんな気持のときにどうすれば良いのかを考えている時に

面白い方法を見つけたので紹介しようと思います。

中々、自身で過ちを犯してしまい、それが意図したもの、意図していないものでも謝罪をするのが億劫になってしまう。

そして罪悪感がふつふつと感じるようになる、ただそれを本人に謝りたくても、できない。

本人には言えないけど、誰かには言いたい、知ってもらいたいけど、知ってもらいたくない気持ちを感じる経験をした方は多いのではないでしょうか。

そんな葛藤、ジレンマの一つの解消方法として今回は記事を執筆させていただければと思います。

罪悪感とは?

まずはじめに人間はどんな時に罪悪感を感じるのかを簡単に紹介します。

罪悪感とは?

自身の行動・指向・在り様などに関して、がある、あるいはいことをした、している、と感じる嫌悪感情のことである。

引用:wiki

罪悪感を感じるタイミング、理由、頻度、重さに関しては、一人ひとり大きく異なってきます。

罪悪感は、自分の中の行動指針、行動規範いわばルールのようなものから

自分が反した行動を行った際に起こるものです。

この自身のルールというのは、性格、環境によって大きく変わってきます。少なからずみなさんの中には独自の行動規範というものがあります。

自分が罪悪感、罪の意識を感じた時に初めて、自分の中の行動規範を知る場合もあります。

同じ行動でも、罪悪感を感じる人、感じない人がいるのも事実です。

謝りたい感情を吐き出す

私は心理学者でもなんでもないので、

罪悪感を消す方法を明確にアドバイスをすることはできません(申し訳ございません><)

ただ、自分の中で罪悪感があったときの心理状況はわかります。

必ず生まれてくるのが葛藤になります。罪を告白しなければ、本人に謝らなければ、すぐに打ち明けなければ行けないと感じる

その反面、本人へ言いたくない、忘れたい、でも誰かには話したいというか圧倒が生まれます。

ただ、この誰かに話したいというのも難しく、

誰かに言いたいのは自分がどうするべきかの答えを相談したいのではなく、

一旦自分の罪を吐き出す行為に対して安心をしたいという深層心理の場合が多いようです。

つまり、なにかしらの形で自分の罪を吐き出すことは心理的安心感、罪悪感の消すまではいかないが、薄める作用はあると考えられます。

本題です、たまたまネットサーフィンをしている際に

ごめんね.com

というサイトを見つけました。

ごめんね.comはこちら

gomen-shazai-guilt1

家族や妻に、部下や、同僚に、友人や恋人に謝罪をしたい内容を

匿名で掲示板で話すことができるサイトになります。

先程お話した、一人で抱え込まずに誰でもいいから打ち明けたいと言う時に

利用してみると少しはスッキリするかもしれません。

本当に偶然見つけサイトですので、もし読者の中で罪悪感をお持ちの方は

試してみてはどうでしょうか。

最後に

今回は、偶然見つけたサイトから

罪悪感の消す、薄める一つの方法として

匿名で打ち明ける方法を紹介させていただきました。

ただ、本人に直接素直に謝罪、気持ちを話すことも重要ですのでみなさんの罪悪感が

少しでも軽くなることを祈っております。

聞く力 本
created by Rinker

人生が変わるかも?本気でプログラミング教室に関して解説しております。


お豆ログを購読!
ブログ更新通知と今日のおまめいげんをお送りいたします
おまめろぐを少しでも応援してくれる方は
フォローしていただけると嬉しいです^^

Twitterフォローはこちらから!

人間&考え方カテゴリの最新記事