MEANスタックとは?よく聞くMEANSTACKについて簡単に紹介いたします!ミーンスタックとは

MEANスタックとは?よく聞くMEANSTACKについて簡単に紹介いたします!ミーンスタックとは

はじめに

こんにちは!

本日はプログラミングを勉強していると耳にする

MEAN スタック

に関してご紹介する記事になります!

Angularjsの記事をお探しの方は下記の記事をご参考にください。

Angularjs 入門 便利なAngularjsの使い方 メリット tutorialを紹介!

MEANスタックとは?

MEANスタックとは

WEBアプリケーションを作成するときに使う

オープンソースの組み合わせの一つになります。

いままではLAMP

が一般的に有名でした。

  • L:Linux(OS)
  • A:Apache(WEBサーバー)
  • M:MySQL(データベース)
  • P:PHP / Perl / Python

近年は上記のLAMPではなく、

2013年にMongoDB(データベース)を開発した

Valeri Karpovが提唱した用語が

MEANスタックになります。

それぞれ下記の頭文字をとったものになります。

    • M:MongoDB

→NoSQLというデータベースシステムによる、ドキュメント指向型データベース

MongoDB公式

    • E:Express

→(Node.jsの軽量Webアプリケーションフレームワーク)

    • A:Angularjs

→(JavaScript用MVCフレームワーク。)

    • N:Node.JS

→(サーバサイドJavaScriptエンジン。)実行環境

これらの4つを組み合わせてフロントエンドからバックエンド

サーバーサイドからクライアントサイドまで

すべてJavascriptまでかけてしまうので

複数言語を扱うのがめんどくさいという、知らないという方でも簡単に

サーバー構築からフロント側まで記述することができます!

ちなみに下記アプリケーション

はnodejs angluajs nodejsですべて作成した

サーバーはherokuのサーバーをつかっている

挙動も早く、jsだけで実装できるのですばらしい

ぜひつかってもらいたい

リアルタイムテニス実況アプリ


お豆ログを購読!
ブログ更新通知と今日のおまめいげんをお送りいたします
おまめろぐを少しでも応援してくれる方は
フォローしていただけると嬉しいです^^

Twitterフォローはこちらから!

プログラミングカテゴリの最新記事