シャットダウンの種類 完全シャットダウンと再起動の違いなどを解説 windows10のシフトを押しながらシャットダウンのメリットを紹介

シャットダウンの種類 完全シャットダウンと再起動の違いなどを解説 windows10のシフトを押しながらシャットダウンのメリットを紹介

はじめに

こんにちは!

本日は、パソコンの中でも

シャットダウンにフォーカスしてご紹介できればと思います。

なぜシャットダウンに関してお話させていただかといいますと

先日執筆した、ディスプレイが接続できない時の対処方法をする上で

重要な知識になるからです。

ディスプレイが接続できないという方は下記記事をご参考にください。

windows10でHDMI外部モニター、外部ディスプレイが映らない、つかない時の原因、パソコンがモニターを認識しない時の対処方法
windows10でHDMI外部モニター、外部ディスプレイが映らない、つかない時の原因、パソコンがモニターを認識しない時の対処方法
目次 1. はじめに2. windows10 外部モニターが認識しない時の対処方法2.1. まずは私 […]

windows10の

通常シャットダウン
完全シャットダウン
再起動

こちらの違い、メリット、デメリット、設定方法を紹介いたします。

こんな方向け

・シャットダウンの種類について知りたい
・完全シャットダウンのやり方を知りたい
・シャットダウンができない
・シフトを押しながらシャットダウンについて知りたい
・シャットダウンの違いについて知りたい

シャットダウンの種類について

先程紹介させていただいた通り

シャットダウンには下記の3種類があります。

・通常シャットダウン
・完全シャットダウン
・再起動

それぞれ解説していきます。

1. 通常シャットダウンとは?

通常シャットダウンとは、windows8から実装された

高速スタートアップを利用したシャットダウンになります。

基本的にwindow8以降は通常のシャットダウンをした場合

高速スタートアップのシャットダウンになります。

高速スタートアップには下記の特徴があります。

・パソコンの起動が速い
・CPUやメモリなど情報を保存している
・一部接続デバイスは通電した状態にしておく

完全シャットダウンと違い、一部の情報を保存した情報で電源を切るので

立ち上がりが早くなります。ただ、不具合などが起きた時に解消できない場合もあるので注意です。

2. 完全シャットダウンとは?

完全シャットダウンとは

高速スタートアップを利用せず完全に電源を切る方法になります。

完全シャットダウンには下記のような特徴があります。

・CPUやメモリの情報を保存せずに電源を切る
・接続デバイスなどの通電もなくなり完全に電源が切れる
・不具合などの解消ができる

3. 再起動とは?

再起動とは

完全シャットダウン→起動

をしてくれる機能になります。

在宅太り?家で本格ダイエット!

完全シャットダウンをする方法

完全シャットダウンをする方法として下記の2種類を紹介いたします。

1. 任意のタイミングで完全シャットダウンをする時
2. 常に完全シャットダウンをする時の設定

1. 任意のタイミングで完全シャットダウンする時

非常にシンプルになります。

Shiftキーを押しながらシャットダウンをクリックになります。

もしくは

Shiftキーを押しながら再起動をおしていただき

PCの電源を切るをクリックしていただいても完全シャットダウンが可能になります。

2. 常に完全シャットダウン(高速スタットアップを無効)

先程は、一時的に高速スタットアップを無効にして

完全シャットダウンをする方法でしたが、

こちらでは、常に完全シャットダウンができるように

する設定を紹介いたします。

1. 【windowsマーク】→【設定】→【システム】

を順番にクリックします。

windowsの高速スタットアップ機能を無効にする方法を紹介

2. 【電源とスリープ】→【電源の追加設定】

を順番にクリックします。

高速スタットアップを無効にするためにシステムの設定を開く

3. 【電源ボタンの動作選択】→【現在利用可能ではない設定を変更します】

をクリックします。

完全シャットダウンの設定をするために現在利用可能ではない設定変更をします

4. 【高速スタットアップを有効にする(推奨)】

のチェックマークをはずして完了です!

windows10の高速スタットアップを無効設定にする

完全シャットダウンのメリット・おすすめな使い方

ここでは

それぞれおすすめなシャットダウンの利用方法を紹介いたします。

通常シャットダウンのおすすめ場面

・一旦電源OFFにしてすぐ使いたい時
・一部の周辺機器の充電をしておきたいとき

完全シャットダウンのおすすめ場面

・しばらく使わないとき
・電気代節約
・PCの動きが遅い・重いと感じた時
・新しいデバイス(ディスプレイなど)がつながらないとき
・既存のデバイス’(ディスプレイなど)がつながらないとき
・なにかしら不具合がおきている時

再起動のおすすめ場面

・PCの動きが遅い・重いと感じた時
・新しいデバイス(ディスプレイなど)がつながらないとき
・既存のデバイス’(ディスプレイなど)がつながらないとき
・なにかしら不具合がおきている時
・すぐに起動しなおす場合は、
完全シャットダウン→電源をつけるよりも
再起動をするのをおすすめします

最後に

いかがでしたでしょうか?

意外と知らないシャットダウンの種類や違いに関してでした!

他にも日常にちょっと役立つPCスキルなども紹介しております!

おすすめPCスキルはこちら

人生が変わるかも?本気でプログラミング教室に関して解説しております。


お豆ログを購読!
ブログ更新通知と今日のおまめいげんをお送りいたします
おまめろぐを少しでも応援してくれる方は
フォローしていただけると嬉しいです^^

Twitterフォローはこちらから!

 

 

 

Windowsカテゴリの最新記事